引越し準備

引越し全国が可能な業者はどれ?

引越しは近い場所ばかりとは限りませんよね。
引越し業者は、中小でも優良なところがたくさんあるので、近距離の引越しなら地域の業者に任せるのもいいでしょう。

しかし、引越し先が遠い都道府県の場合には、対応できる引越し業者といえば限られてきます。
そういった全国の引越しに対応できるのは、CMで見かけるような大手の引越し業者になります。

サカイ引越センターやアート引越センター、アリさんマークの引越センター、ハート引越センター、ハート引越センター、ダック引越しセンターなど引越し専門の大手業者があります。
さらに、クロネコヤマト引越センターや佐川引越センターなど、大手輸送業者の引越し部門でも全国に対応してくれます。

また、大手の引越し業者は全国の引越しに対応してくれるだけはなく、たくさんのメリットがあります。
荷物の運搬中の破損、紛失などに対する保障がしっかりしていたり、ダンボールの準備からエアコンの取り付け取り外しなど、大手ならではのオプションサービスが充実していることも大手引越し業者を利用するメリットですね。

引越し当日が雨なら延期できる?

一般的に引越しをする際にすべての準備が整うと、あとは当日雨が降らないかといったことのみ心配すればよい状況になります。
ある程度量が多い引越しともなると、雨の影響を受けて積み荷が濡れてしまうということはじゅうぶんに考えられます。

この時「引越し当日が雨なら延期できる?」これが問題になります。
この引越し当日が雨であったということについて業者さんはどのような対応をしているのかということをお知らせしておきます。

まず、基本的に引越し当日が雨であったという場合でも引越しは基本的に決行されます。
もちろん、雨の影響を受けないように、ビニールにかぶせて運んだりと雨による影響を受けないように極力配慮してもらえます。

作業員さん自体はズブヌレになっていることが多いですが。
それでも引越し当日に雨が降って延期したいという場合には「キャンセル料」がかかります。

基本的に契約書等に延期等の場合のキャンセル料の記載があるはずです。
おおよそ10%~20%を延期のキャンセル料が設定されていることが多いです。

このことからわかるように雨が降ったからといって簡単に引越しは延期できるものではなく、こればかりは運による部分が大きいです。

もちろん、電化製品等が雨の引越しで不具合を生じさせたという場合にはきちんと補償されますからその点は心配する必要はないでしょう。
次はこちらのページです。